漢方薬って本当はどんなもの?西洋薬との違いは?ベストな飲み方は?

漢方薬

よく漢方薬という言葉を耳にする事はあっても、実際にそれがどういうものなのか知らないという方は多いのではないでしょうか。
西洋薬との違いはなんなのか、実際にどういった時に使用するのが良いのかという事を紹介します。

 

漢方薬とは?

漢方薬はもともと中国で発展し、その後に日本に渡ってきた事で独自に発展してきている伝統医学の事を言います。患者の自覚症状を重視しており、体全体の不調和が病気であると捉えているため、それを正しく整える事を目的としています。人間が持っている自然治癒力や病気と闘う力などを高める事に重点を置いています。漢方薬は草根木皮などを中心とし、動物由来や天然物を組み合わして作られています。

 

西洋薬と漢方薬の違いとは?

漢方薬はいくつもの生薬や天然物などを組み合わせる事でつくられた薬で、材料それぞれの生薬が豊富な有効成分を含有している事で、一つの処方であっても様々な作用を持っている特徴があります。

 

対して西洋薬は、有効成分が単一の特徴があります。切れ味の鋭い感染症の菌を殺す事、あるいは熱や痛みをとったり、血圧を下げたりする事など、一つの病気あるいは症状に対して強い効果を期待できるというものです。

 

どんな時に漢方を使用したら良いのか?

漢方薬は一つだけではなく、複数の症状に対して効果を期待できるものです。従って、何となく不調を感じている時など、体のバランスの乱れを感じている時に使用されるイメージでも良いです。漢方は一つの症状、病気に対する考え方ではなく、体全体をみています。そのため、関係ないようにも見える複数の症状に対して、1つの漢方で対処できるという事もあるのです。何となく体調が良くないというタイミングで使用してみるのが一つの方法です。

 

漢方薬と言われてもしっくりこないと、なかなか手に取りづらい印象を受ける事があると思います。しかし漢方薬とは実際にどういうものなのか、西洋薬との違いは何なのかという事などを知る事で、何となくでも意味が分かってくる事と思います。興味がある方はぜひ、漢方薬をチェックしてみてはいかがでしょう。